ホーム » 近年のウィークリーマンション横浜の傾向とは

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    近年のウィークリーマンション横浜の傾向とは

    出張先が決まったらウィークリーマンションを活用しましょう!これは昔の話です。もちろんビジネスでウィークリーマンションを利用する方が多いですが、個人でも引っ越しまでの仮住まいや、長期観光の拠点、受験用の勉強部屋に利用される方もおられます。また、通常の住まいとして利用される方もおられます。ウィークリーマンションは40年の歴史があります。以前、ウィークリーマンションと言えば「狭い」、「割高」のイメージがありましたが、近年のウィークリーマンションの特徴は何と言っても部屋が広く新しいことです。キッチンもありバスとトイレが分かれている部屋も多いです。一般のマンションと同じで管理人がいない物件が多くプライバシーも守られます。駅から5分以内の物件が多く、築年数も5年以内が半数以上です。出張先までの通勤時間も短くできます。横浜での便利なウィークリーマンションの活用法についてご説明します。

    ライフスタイルに合わせて物件を選びましょう

    横浜でウィークリーマンションを選ぶ時に特に気を付けたいポイントをご説明いたします。ビジネスと個人利用とわけてご説明いたします。ビジネスの場合、会社のある場所からの交通の便が良い所を最優先に考えます。会社が横浜駅の近くであればどの路線でもよいですがそれ以外の駅が最寄り駅であれば乗り換えが発生しないようにしましょう。電車に乗る時間は15分以内にして徒歩5分圏内の物件を選びましょう。通勤時間は45分以内に設定しましょう。通勤時間を短くしてビジネスとプライベートを充実させましょう。通勤時間を短くするために会社の近くの物件を選ぶのは避けましょう。ビジネスとプライベートの切り替えが難しくなります。短期間でもオンとオフの切り替えができる環境の構築が重要です。個人の場合は「目的」を重視しましょう。観光の場合は交通の便が良い所を選びます。目的が勉強や創作活動であれば駅から離れた静かな場所を選びましょう。

    横浜でおすすめの物件はこのエリア!

    横浜でビジネスと個人それぞれのおすすめエリアを具体的に見ていきましょう。ビジネスの中心地は横浜駅周辺、みなとみらい、関内です。東急東横線沿線がおすすめです。東横線はみなとみらい線に乗り入れているため利便性は抜群です。中華街やランドマークタワーなど短期間でも横浜を堪能できます。東横線は渋谷まで乗り換えなしで行けます。東横線沿線はお洒落で多くの人がファンになります。会社が関内の場合はJR根岸線や地下鉄ブルーライン沿線がおすすめです。桜木町や横浜スタジアムなどこちらも魅力的です。個人の場合、観光が目的でしたらやはり東横線沿線とみなとみらい線沿線がおすすめです。受験や創作活動など静けさが必要な場合も東横線沿線とみなとみらい線をおすすめします。静けさを求めるなら駅から少し離れましょう。10分ほど歩けば静かな場所が必ずあります。ウィークリーマンションで横浜の生活を楽しんでください!