ホーム » 横浜のウィークリーマンションの特徴を紹介

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    横浜のウィークリーマンションの特徴を紹介

    ウィークリーやマンスリーマンションと呼ばれているのが、正式名称「短期賃貸マンション」です。賃貸住宅のようなもので、数ヶ月までの滞在を目的としているものをいいます。家具が付いているというのが一番の利点で、生活用品が揃います。月に5万~15万円ほどの家賃で、日割り計算をするとビジネスホテルに比べると安い方と言えます。賃貸住宅よりも契約が簡単に済み、ホテルのようにネット検索して空室を確認できます。身分証明や家賃の前払いも必要となったりしますが、入室までの期間は短く済みます。好きな日数の日割り計算です。横浜のウィークリーマンションも500以上の物件があり、Wi-Fi完備や何名様タイプの部屋という表記も大変わかりやすく表示されています。もちろん外国人対応のマンションも多いです。

    ウィークリーマンションのメリット

    立地条件からいっても人気のある横浜のウィークリーマンション。賃貸住宅の場合は2年契約が多いので、短期間の生活を考えている方はぜひ検討にいれていただきたいものです。生活家電はほぼそろっているので、面倒な荷造りや家具の持ち運びの負担がぐっと減ります。敷金・礼金・保険料などで、賃貸住宅は最低限契約後にまとまったお金が必要となります。ウィークリーマンションは、そのような初期費用は不要であり、さらに1週間を超えるなら、ビジエスホテルに比べても宿泊費の日割り計算は少なくなることが多いです。インターネット完備の所がほとんどで、水道光熱費などの料金も固定されています。女性一人でもセキュリティーに力を入れている所が多く、安心です。綺麗に清掃もされていて、家事仕事も気にする女性ならではの設備の優先項目もきちんと記載されているので安心して見比べて選ぶことができます。

    ウィークリーマンションのデメリット

    横浜のウィークリーマンションは、ビジネスホテルよりは安く済むことが多いのですが、賃貸マンションと比べると少し割高です。家具家電や光熱費が含まれているからもあります。賃料は一括前払いです。敷金礼金などはかからなくても、まとまったお金が必要です。契約期間の途中で解約しても返金はされません。基本的にウィークリーマンションは内見ができないので、間取りや家具などのイメージはホームページの写真でほぼ閲覧して決定することになります。築何年かも見たほうがいいと思います。暮らしてみてイメージと違う場合があるので、そこに期待を膨らませるよりは、お仕事などの場合は、交通の便や周りの環境を主に検討して割り切ったほうがいいと思います。空間やインテリアにこだわりを持ちたくても、そこは決められているので難しくなります。もし家具家電を壊してしまった場合は、お金を支払わなければいけないので生活の中でも少し注意が必要です。